Mさんへの手紙

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党復党問題に見える暗い影

<<   作成日時 : 2006/11/24 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 Mさん,お元気ですか.自民党の「造反議員」の復党問題は一見どうでもよさそうな問題ですが,一つだけないがしろにされては困る問題を内包しています.

 それは思想信条の自由への侵害を行おうとする自民党と,その論点をおざなりにしているマスコミの対応と,この点に関する世間の驚くべきほどの無関心ではないでしょうか.

 そもそも政策の重要度からすると,些事でしかない郵政民営化で大騒ぎしたのは,前首相の偏屈なこだわりに基づくものでした.このため,もっと大きな問題では自民党そのものとも言える議員が造反と片づけられてしまった.そしてまた今回復党を希望している議員に対して,郵政民営化を盛り込んだ党政権公約の順守を求めているようです.

 これは多数派による少数派意見の抹殺でしかありません.様々な意見を表明する人がいて,活発に議論していくことを否とするならば,それはすでに民主国家の道を外れています.

 中川氏は平沼氏にこう言うべきではないでしょうか.「郵政問題を含め,様々な法案や考えに独自の意見を持ち,それを議論していくことはもちろん良いことです.しかし,いざ国会の場で議決するときには,党としての主張を優先し行動することを求めます」と.

平沼氏のいうように,これはまさに「踏絵」であり,アナクロニズムの極みである「踏絵」がこんな風に持ち出されて,しかも大騒ぎにならない今の日本に,暗い影を感じます.

 またお便りします.
 
 ニャミニャミ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党復党問題に見える暗い影 Mさんへの手紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる